2019/8/15(木) 埼玉西武ライオンズ VS オリックスバファローズ

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

ロメロにメロメロ!4安打2本塁打6打点の大暴れ!

埼玉西武ライオンズ VS オリックスバファローズ
(2019/8/15 メットライフドーム)

勝利投手 張(2勝0敗0S)
敗戦投手 本田(5勝4敗0S)

<バッテリー>
(バファローズ)張、比嘉、山田、吉田一、神戸 – 若月
(ライオンズ)本田、小石、大石、國場、平良、佐野 – 森、駒月

<本塁打>
(バファローズ)ロメロ14号ソロ(2回表・本田)、ロメロ15号満塁(3回表・小石)、モヤ6号3ラン(5回表・大石)、吉田正21号ソロ(7回表・國場)
(ライオンズ)源田2号ソロ(4回裏・張)、森16号ソロ(4回裏・張)、中村21号ソロ(4回裏・張)、山川35号2ラン(6回裏・比嘉)

■すべての鬱憤を晴らす猛打!

今日はすべての鬱憤を晴らすような試合ができましたね!

ただ、正直流れ上、一番大きかったのは初回かもなーと思いました。

福田がランナーで出て一発で盗塁決めたのち、西野のフライで大きく飛び出して秋山の捕球併殺で結局3人で攻撃終了になったのがものすごく痛かったんですよね。

で、その裏アッサリその秋山にヒットを打たれてヤバい…ってなったところでライオンズも源田の併殺から攻撃が噛み合わず0…。

これ、やっぱり気持ちとしては大きかったように思います。もちろん、その後あそこまで打つとは思っていませんでしたが…(笑)。

■猛爆はハイライトでお楽しみください…(笑)。

まず口火を切ったのはロメロの一発でしたねー。

もうこっからはそのロメロの満弾をはじめとする祭りでしたねー。正直、ハイライトをはっ付けて終わり、でもいい気がしますが…(笑)。言葉で語ると冗長になりすぎるぐらい中身あるんでね…。

この得点の中でもターニングポイントになるかもしれんな、と特に思ったのがモヤの本塁打。

今まで散々、いろんな解説者から指摘されてきた弱点のインハイをライトスタンドに叩きこんだんですよね(だから私自身も正直、ビックリした)。これ、本人の成績を向上させるのに大きく貢献するんちゃうかと思います。

しかし今日はまぁ、ほんまによう打ってくれましたね!これで気分新たに行けると思います。

■張が大量点に守られて2勝目。

一方、投手陣では張が大量点に守られて2勝目を挙げましたね。

連続快投!とは行かなかったですが…こういう運も大事ですよね。ムダな四死球を出さないことの方が今日は大事だったと思います。三者連続被弾でも、結果3失点でしたしね。

※そういう意味で、今日の比嘉に関してはオイ!ってちょっと思ってしまいました…。コントロールが定まらず1イニング30球、四球込みの被弾はちょっと…。

あとの投手は失点を割り切って打者との勝負に行けていたので、まぁエエんちゃうの、と思います。こういう試合でムダな神経使ってほしくないのが本音ですしね…。

■いい形で連敗ストップ!

しかし良い形で連敗ストップできました。やっと本拠地帰れるんで、元気な姿を見せてほしいですね!

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<2019年・オリックスバファローズ8月の関連ニュースまとめ>
オリックスバファローズ8月の関連ニュースはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。



↓ブログランキングに参加しております。
当ブログを今後も読みたい、と思っていただけましたらお好きな方をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

「2019/8/15(木) 埼玉西武ライオンズ VS オリックスバファローズ」への10件のフィードバック

  1. 比嘉、今年は何か全体的に調子が良くない感じがしますね… 結構投げてくれてはいますが。
    打線が大爆発でしたね。

    1. ゆうきさん
      コメントありがとうございます!

      今日の試合で四球だけは勘弁してほしかったですねー。コントロールがちょっと物足りないですよね…。
      もっとも、これが調整登板の一環で済んだ格好になったのはもちろん打線のおかげ。ほんまようやってくれましたね!

  2. 気持ちが晴らす大勝だったと思います。
    張は、3連続本塁打を打たれたが決して逃げずにストライクを取りに行く姿は、良かったと思います。
    初回の両チームの命運が、2回以降に打線の爆発で大量点に結びつけた結果になったようですね。

    1. ひろしさん
      コメントありがとうございます!

      いろんな鬱憤が晴れましたねー。これでいろいろと気分的にも引きずらずに行けそうですね。
      張は逃げなかったことが良かったと思います。今後に繋がる2勝目になると思いますね。

      しかし初回の流れがあんなに影響するとは…。意外でした。

  3. 管理人さん、こんばんは。

    8月に入って絶好調の吉田正尚選手、大爆発中のロメロ選手に続いて、モヤ選手にもインハイを捉えて久々の一発が出てくれて良かったですね。おっしゃる通り、今後の本人の成績も向上するきっかけになるでしょうし、クリーンアップのどこからでもホームランが出るとなると誰と勝負を避けるという選択肢がなくなりますから大きいですよね。モヤ選手も早くホームラン二桁に乗せられますように。
    しかし気が付けば、チーム打率も2割4分台に乗り、打てないチームから完全に脱却した一方、防御率は4点台でパでは西武に次いで悪くなりました。相次ぐ先発の離脱が響いていますが、チームは生き物ですから、これも仕方ないと思います。山本投手が完全に復帰するであろう、本当の勝負が始まる9月までに打線の力で何とか最低借金5を切るところまで持っていければ良いのですが。首脳陣の投打のバランスを取った陣容の整備に期待します。
    比嘉投手への指摘はごもっともですが、彼は36歳で登板数45は近藤投手と並びチームトップですし、この時期、楽天、西武6連戦で4試合はきついですよね。今日は他の投手の温存のための登板ということで(昨日の海田投手とは別の意味で)大目に見てあげてほしいです。
    明日はアルバース投手の一軍復帰登板になりますが、彼が好投して先発やや崩壊の危機を救ってくれるとまだまだ希望が持てますね。ロッテ戦は今季悪いイメージないと思うので、最低QSは目指してほしいですね。

    1. ひさしさん
      コメントありがとうございます!

      めちゃくちゃ豪快な試合でスッキリしましたねー。
      防御率に関しては、まぁ、正直ホークス・ライオンズ以外は「ふつう」の範疇のような気もしますがね。
      とにもかくにも今日のように「噛み合う」ということを最重要視していってほしいですね。

      比嘉…たしかに歳を考えれば相当投げてるんですよねー。
      もっとも、あの大ケガを乗り越えてきて、なお2年続けて多く「投げられている」ということをもっと大きく見ないといけないんですよね。

      アルバース、楽しみです。ピシャっと抑えたら雰囲気めっちゃよくなると思いますね。

  4. ほんとにここ数試合の悔しさを吹っ飛ばす快勝でしたね!
    自分も初回の攻撃で0点に終わって今日もヤバいか?と
    不安になりましたが全くの杞憂に終わって良かったです。
    前日の展開も有ったので正直ロメロのグランドスラムが
    出た後も100%安心では無かったのですが、その次の
    モヤの3ランで流石に勝利を確信できました。

    張は前回と2試合連続で四球0なのが素晴らしいですね。
    安打は結構ボカスカ打たれていたんですが、四球で
    傷口を広げずに済んだと考えればストライクゾーンで
    勝負する(できる)のってやはり大事なんですね。

    クリーンナップの陰に隠れましたが、前日の試合で
    良いとこ無かった西浦も今回は地味ながら繋ぎとして
    大量点に結ぶ良い働きをしたと思います。
    とにもかくにもこの勢いのままホームに帰って
    皆でまた大暴れして欲しいです。

    1. 遊次郎さん
      コメントありがとうございます!

      正直、12点あっても安心とまではいかないライオンズ打線はすごいと思います。
      (もっとも、岡田の離脱で森に集中する負担が大きすぎるのも昨日の大量失点の遠因かも…)
      しかしロメロ・モヤの大暴れはやっぱり効きましたねー。

      やっぱり、打ち損じてくれたりしますしね。張のようにしっかり勝負するのは大切やと感じました。
      もちろん、昨日のような展開だからこそ、ってのがありますが、若月も全体として点は気にせずきちんと勝負させることが徹底できていたのは良かったと思います。

      ほんで西浦のとこが、地味ーに響いた森のリードミス(合ってなかったのに0-2からあの打たれ方は堪えたハズ)なんですよね。
      その一本をきっかけにもう一本出せたのがなお、良かったと思います。

      今日からも大暴れして、最下位からオサラバしたいところ。

  5. こういう打線で決め切る試合、必要だと思います。ロメロ、モヤが当たってくることで、正尚の強引さが薄くなり、得点圏含めた率が上がってきたことが大きいですね。

    張も打たれましたが被弾直後もペースが変わらない所は今後に期待がもてました。 ただ、球質は要注意ですかね。

    1. アルパカさん
      コメントありがとうございます!

      ほんと、こういう試合の有無でバッテリーをようやく助けられましたね。しかしほんとロメロもモヤも偉大です。
      正尚はふつうに打ってくれるようになって、どんどん上がってきましたねー。

      張は打たれてもヘンに気にしなけりゃ勝てるんや、ってことを掴んでくれればと思います。
      ただ、たしかに球質はちょっと軽めかなとは思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。