「▼オリックスバファローズ捕手陣のニュース」カテゴリーアーカイブ

オリックス伏見ダウン更改 「1番ダサいこと」6月に負傷離脱 <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス・伏見寅威捕手が30日、大阪市内の球団施設で契約更改交渉に臨み25%ダウンの1650万円でサインした。(金額は推定) 伏見は6月18日・巨人戦で空振り三振に倒れた際に左足アキレス腱を断裂し、離脱した。今季は39試合に出場し打率・164、1本塁打、9打点だった。 「レギュラーじゃない立場でケガをするのは1番やってはいけないこと。1番ダサいことだと思う」 懸命のリハビリで来季の復帰を目指しているが「思ったように進んでいない。… 続きを読む

オリックス若月500万円増 打撃「一から見直す」 <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス若月健矢捕手(24)が29日、大阪・舞洲で契約交渉に臨み、500万円増の年俸4500万円でサインした。今季は正捕手として116試合でスタメンマスクをかぶり、自己最多の138試合に出場。しかし、打率1割7分8厘と打撃がふるわず、試合中盤で代打を送られるシーンもあるなどで規定打席には届かなかった。若月は「しょうもないバッティングしかできなかった。最下位なので…捕手は勝ってナンボのポジションなので、悔しい」と話した。打撃力向上… 続きを読む

オリックス・若月 盗塁阻止率トップ死守宣言 頓宮捕手転向に「危機感」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの選手会納会が27日、神戸市北区の旅館で開かれた。選手会長の若月健矢捕手(24)は来季のチーム浮上を訴えるとともに、自身の盗塁阻止率トップ死守を目標に掲げた。 パの強肩といえばソフトバンク・甲斐の代名詞となっているが、実は阻止率トップは甲斐の・342を大きく上回る・371の若月だ。 「1位になれたのはうれしいですが、知名度が低いので。やっぱりチームが勝たないと。勝つためにどんな選手になるかを突き詰めていきたい。も… 続きを読む

オリックス山崎勝己は現状維持、20年目へ「貪欲」 <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの山崎勝己捕手(37)が大阪市内で契約交渉に臨み、現状維持の年俸1500万円で更改した。今季は15年ぶりのシーズン無安打に終わったこともあり「来季はいっぱいホームランを打って、いっぱいヒットを打ちたい。思った以上にこの人やるな、というのを見せないと、だれもついてきてくれない」と強い意気込みを示した。来季はプロ20年目の節目を迎える。温かい人柄のムードメーカーだが「1年でも長くプロ野球選手をやりたい。貪欲にやりますよ」と熱… 続きを読む

オリックスが育成5位鶴見と合意「 自分も日本を代表するような選手に」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスが育成ドラフト5位で指名した茨城・常磐大高の鶴見凌也捕手(17)=174センチ、75キロ、右投げ右打ち=の入団が19日、決まった。支度金330万円、年俸240万円で合意した。背番号は005(金額は推定)「プレミア12でオリックスの選手が活躍しているのを見て、自分も日本を代表するような選手になりたいと思いました。自分のアピールポイントでもある肩の強さを生かしてがんばります!」※当記事の引用は全て以下の記事からです。… 続きを読む

オリックス育成フェリペ、全種類グラブ持参しWLへ <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス育成選手のフェリペ捕手が「便利屋」を武器に支配下選手登録を目指す。23日に開幕する台湾でのウインターリーグに参加する予定で「全種類のグラブを持っていきます。(捕手の)ミット2つ、内野用1つに外野用1つです」と明かした。練習試合では一塁と三塁、みやざきフェニックス・リーグでは外野、秋季高知キャンプでは二遊間を守る器用さを見せた。「ベンチに捕手が3人入るとすれば、自分がいれば2人でいける。どんどん試合に出て(支配下へ… 続きを読む

オリックス育成 木須フェリペ現状維持 支配下狙う <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス・木須フェリペ捕手(20)が大阪市内で契約交渉に臨み、現状維持の推定250万円で更改した。育成で2年目のシーズンはウエスタン・リーグで出場41試合、打率2割、1盗塁の成績だった。「昨年も今年もバッティングが課題なので、打ち損じをなくしていきたい。捕手を軸にしていきたいですが、出場機会を増やすためには外野も内野も守っていきたい」と語った。また家族の意向で昨年申請した国籍変更が今夏に承認され、ブラジル国籍から日本国籍に変わっ… 続きを読む

オリックス若月「だんだん慣れてきた」速球派に対応 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスが秋季練習を打ち上げた。期間中は、通常より球速を上げたピッチングマシンでフリー打撃を行った。若月健矢捕手は「(体感は)150キロくらいでしょうか。だんだん慣れてきて当たるようになってきました」と話す。千賀ら速球派を打ち崩すために、ムダな動きを減らして速球に対応することを狙ったものだ。また、逆にスローボールを数多く打ち込む練習では、右方向へ打つなどチーム打撃を意識。西村監督は「速い球をどう打つか、自分の思ったところ… 続きを読む

オリックス若月「軸つくる」フォーム固定で打力向上 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス若月健矢捕手が打撃フォームを固定し、打力アップを目指す。今季は正捕手として自己最多138試合に出場し、盗塁阻止率リーグ1位の3割7分1厘を記録。だが打撃は打率1割7分8厘と奮わず。「今シーズンはその日の感覚とかで(打撃フォームが)コロコロ変わってしまった。軸となるものをつくって、変えないようにしたい。たとえそれで2軍に落ちたとしても、信念を持ってやってみようと思います」と攻守で活躍を狙う。※当記事の引用は全て以下… 続きを読む

オリックス松井雅人、移籍後初適時打「積極的に」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス松井雅人捕手(31)が移籍後初タイムリーを放った。8番捕手でスタメン出場。2点リードの2回、1死二塁から涌井の初球、143キロの高め真っすぐを中前にはじき返し、二塁走者宗が生還。「得点圏だったので、初球から積極的にいこうと思っていました。なんとかランナーを返すことができて良かったです」。中日からトレードで加入後12試合目、安打は2本目だった。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリック… 続きを読む