「監督」タグアーカイブ

オリックス17安打も3得点、4併殺を西村監督嘆く <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスが決定打不足に泣いた。今季最多の17安打を放つも3得点止まり。さらには今季初となる先発全員安打&毎回安打を放つも4併殺が響いた。9回には2番吉田正の適時打などで2点を返し、見せ場は作った。西村監督は「17安打で3点というね。最後に2点取ったけども。それまでに取っておかないと。そういうゲームじゃないですか」と嘆いた。3、4、5、9回はいずれも併殺打で好機を失った。指揮官は「(3、4、5回は)無死一塁のところでね。も… 続きを読む

オリックス・田嶋、発熱による体調不良で8日の登板回避へ PCR検査は陰性<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの田嶋が、発熱による体調不良のため、先発予定だった8日のロッテ戦の登板を回避することになった。6日の試合前練習を欠席し、西村監督は「体調が悪いので飛ばすしかない。土曜日も厳しいという判断」と語った。 今季は全て土曜日に先発して7試合で1勝2敗、防御率2・62と好投していた。新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査は陰性だった。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧くださ… 続きを読む

オリックス山崎福也2勝「素晴らしい投球」西村監督 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス山崎福也投手がカーブを有効に使った投球で今季2勝目をマークした。「変化球はいつも良い感じ。低めを意識して投げることができました」。6回を3安打無失点で救援陣にバトンを託した。西村監督も「素晴らしい投球でしたね。ナイスピッチング」と緩急をつけた投球を評価した。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。   ⇒オリックス山崎福也2勝「素晴らしい投球」西村監督 さち… 続きを読む

オリックス12失点 ロッテ戦59年ぶり開幕7連敗 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの投手陣が中盤に崩れ、今季ワースト12失点。今季ワーストタイとなる借金8となった。西村監督は「選手はみんな頑張ってくれているんですけれど、あとはどうやって結果を出していくかというところが大事ですよね」と話した。ロッテ戦は引き分けを挟み、59年ぶりの開幕7連敗だ。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。   ⇒オリックス12失点 ロッテ戦59年ぶり開幕7連敗 … 続きを読む

オリックス、粘って引き分け 西村監督「何とかしようという気持ちの表れ」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは九回2死から追い付く粘りを見せ、引き分けに持ち込んだ。西村監督は集中力を発揮した選手に「最後まで何とかしようという気持ちの表れだと思う」とねぎらった。 大黒柱の山本が6回5失点と打ち込まれた展開を野手がカバー。打撃だけでなく、中堅手の小田が八回に好返球で本塁を狙った走者を刺すなど、執念を見せた。 とはいえ、6月下旬に敵地で6連敗を喫した相手に勝ちきれず、監督は「今日勝てなかった分、明日勝たないといけない」と気持… 続きを読む

2020/8/1(土) 北海道日本ハムファイターズ VS オリックスバファローズ

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 北海道日本ハムファイターズ VS オリックスバファローズ (2020/8/1 11回戦 札幌ドーム) 勝利投手 バーヘイゲン(3勝1敗0S)セーブ投手 秋吉(1勝1敗8S)敗戦投手 田嶋(1勝2敗0S) <バッテリー>(バファローズ)田嶋、吉田凌、齋藤、吉田一 – 若月(ファイターズ)バーヘイゲン、宮西、秋吉 – 宇佐見 <本塁打>(ファイターズ)中田 13号ソロ(8回裏・吉田一)… 続きを読む

オリックス最下位転落、西村監督苦言「工夫して」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは日本ハムと入れ替わり最下位に転落した。先発アルバースが終盤まで中田の2ランによる失点だけで粘り、7回2死一、二塁で降板。だが救援した荒西が中田に左翼スタンド上段まで運ばれ、勝負は決まった。中田の2発で全5点を奪われた西村監督はアルバースの粘投をねぎらいつつ厳しい表情。「1本目より2本目のところですね。初球ですから。バッテリーはもう少し工夫していかないといけないですね」と荒西-若月に苦言を呈した。※当記事の引用は… 続きを読む

オリックス・アルバース「四球を反省」粘投も3敗 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスのアンドリュー・アルバース投手(34)が今季最多115球の粘投を見せたが、3敗目を喫した。1、2回と得点圏に走者を背負いながらも無失点で切り抜けたが、3回1死一塁で中田に先制2ランを浴びた。中盤も毎回走者を出したが、要所を抑えて無失点。だが7回2死一、二塁で降板後、救援した荒西が初球を中田に左翼スタンド上段まで運ばれ、勝負は決まった。アルバースは「序盤はいまひとつ、リズムを作れていなかった。中盤以降、回を重ねてい… 続きを読む

オリックス・宗のランニング弾で逆転勝ち「行けるところまで走ろうと思って…」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスが今季初の4連勝と乗ってきた。4連勝のうち3度が逆転勝ち。この日は珍手が決まった。3―3と同点の9回、宗が右翼フェンス直撃の1号ランニング本塁打。「行けるところまで走ろうと思って、頑張りました。一生懸命、頑張りました!」と素直に喜んだ。7回に代走で途中出場し、重盗で一時勝ち越しのホームイン。持ち味の機動力で貢献した。 先発・田嶋も7回3失点と粘り、開幕から6試合すべて3失点以下の安定感。楽天にも5連勝となり、西村… 続きを読む

オリックス西村監督打線を大幅変更、4番ロドリゲス <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス西村徳文監督が打線の大きく組み替えた。開幕から28戦目で4番をジョーンズからロドリゲスに変更。「いろいろ考えた中で、打順を組んだというところですね」。T-岡田が指名打者で出場し、報道陣から体のコンディションについて問われると「主軸を打つ選手は体のことを考えないといけない」と話した。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。      ⇒オリックス西村監督打線を大幅変… 続きを読む