「▼オリックスバファローズ外野手のニュース」カテゴリーアーカイブ

オリックス福永奨&来田涼斗、U23NPB選抜に選出「自分の名前覚えてもらえるように」<バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 8月1日に神宮で行われる「U23NPB選抜対大学社会人選抜」の出場選手が4日、NPBから発表され、オリックスからはドラフト3位の福永奨捕手(22)と来田涼斗外野手(19)が選出された。福永は球団を通じ「野球伝来150年という記念すべき試合のメンバーに選んでいただき、とても光栄に思います。たくさんの方々に自分の名前を覚えてもらえるように、自分の持ち味を生かした全力プレーでがんばりたいと思います」とコメントした。来田は「自分の持ち味で… 続きを読む

オリックス吉田正尚が逆転2ラン「一発で仕留めることができました」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスが連敗を2で止め、楽天戦はホーム8試合目で初勝利を飾った。1点を追う4回に主砲・吉田正が逆転の7号2ラン。岸のチェンジアップを右中間へ突き刺し「甘く入ってきたボールを一発で仕留めることができました」と自賛した。(後略)※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。  ⇒【オリックス】吉田正尚が逆転2ラン ホームで楽天に初勝利 田嶋はキラー発揮 やはり、正尚の一発で… 続きを読む

オリックス吉田正尚、ホームランラグーンへ弾丸ライナーの2戦連続6号ソロ<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの吉田正尚外野手が2戦連続アーチを放った。 3点リードの7回1死。1ボールから2番手・八木の直球を右翼のホームランラグーンへと放り込んだ。「しっかり強くいいスイングができましたし、届いてくれて良かったです!」。前日24日の同戦でも八木から特大右翼へ5号2ランを放ち、好調さを見せている。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。  ⇒【オリックス】吉田正尚、ホームラン… 続きを読む

オリックス・ラオウ杉本裕太郎が先制8号3ラン ナイン総出で出迎える中、昇天ポーズ決める<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスのラオウこと杉本裕太郎外野手(31)が、先制8号3ランを放った。6回、先頭の宗、吉田正の連打で作った無死一、二塁の絶好機。昨年の本塁打王が、一振りでものにした。ソフトバンク東浜の148キロ速球を捉え、バックスクリーンにたたき込んだ。「宗と(吉田)正尚がチャンスの場面で回してくれましたし、いいピッチャーなので、ここしかないと思って打席に入っていました。(スタンドまで)届くと思っていなかったので、なんとかぎりぎりで届… 続きを読む

オリ・杉本「お父さん、ありがとう!」父の日に感謝の7号ソロ<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの「ラオウ」こと杉本が「4番・右翼」で先発出場し、7号ソロを放った。 1―0の4回先頭。カウント2―2からの5球目、下手投げの與座が投じた外角低め120キロを強振し左翼ポール際へ放り込んだ。 杉本は球団を通じて、「難しい投手だと思っていましたし、あまり考え過ぎないように思い切って打ちにいきました!父の日に打ててよかったです。お父さん、ありがとう!」とコメントした。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は… 続きを読む

オリックス、吉田正の一打で先制「なんとか食らいついていこうという思いで打ちました」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス・吉田正尚外野手(28)が先制打を放った。「追い込まれていたので、なんとか食らいついていこうという思いで打ちましたし、それが先制点につながってくれてよかったです!」一回、先頭の福田、宗が連打で無死一、三塁と好機を演出。先制機で主砲は先発・與座から右前適時打を放ち、先取点を奪った。左太もも裏の軽度筋損傷の影響により、1軍復帰後も交流戦期間中はベンチスタートが多かった吉田正はリーグ戦再開の17日の10回戦からスタメン… 続きを読む

オリックス交流戦首位打者の杉本裕太郎「狙う時は狙う」本塁打 村上、大山らセ打者から刺激<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス杉本裕太郎外野手は交流戦の経験を生かす。リーグ戦の不振がウソのような猛打で首位打者になった。一方で3本塁打、10打点の数字を振り返り「村上、大山とかは、やっぱりいっぱい打点を挙げている。思い切りがよく、スイングが強い。本塁打が出ているチームがやっぱり勝っている。僕はそこを期待されている。狙う時は狙う」。刺激を受けた昨季本塁打王が持ち味発揮を誓った。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをク… 続きを読む

オリックス左太もも裏負傷の吉田正尚「良くなっている」 17日西武戦でのスタメン復帰目指す<バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 左太もも裏を負傷しているオリックス吉田正尚外野手(28)は、リーグ戦再開の17日西武戦(ベルーナドーム)でのスタメン復帰を目指す。まずはDHでの起用が見込まれ「(患部は)日に日に良くなっている。いい準備をして、もう1回スタートする気持ち」と開幕カードと同じ敵地での“再開幕”に意気込んだ。完治はしておらず、10、11日の阪神戦は代打出場し、12日は出番がなかった。チームは借金4で4位だが、1ゲーム差で追う西武との3連戦に勝ち越せば3… 続きを読む

【追記あり】昨季パ本塁打王のオリ・ラオウ杉本 交流戦首位打者にも「試合に負けたので言いづらい」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの杉本裕太郎外野手(31)が、交流戦首位打者に輝いた。 18試合にフル出場した杉本は69打数27安打で、打率・391。牧原大(ソフトバンク)や、絶好調の村上(ヤクルト)らを抑え、交流戦の打率トップに立ったが、チームが5連敗したこともあり「試合に負けたので言いづらい」と複雑な表情を見せた。 昨季パ・リーグ本塁打王となった愛称「ラオウ」こと杉本は、今季は開幕から不振に苦しみ、5月17日時点では打率・117だった。だが… 続きを読む

オリックス中嶋監督、佐野皓大の守備に苦言「ダメでしょう」打球を後ろにはじき適時三塁打に<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス中嶋監督が、8回2死一塁からの佐野皓大外野手の右翼守備に苦言を呈した。阪神佐藤輝の打球をはじいて適時三塁打に。「ミスが全て点に絡んだ。あそこで後ろにやるというのも、ダメでしょう」と厳しかった。直後に捕逸で同点とされ「ワンヒットで止めてるべき。そういうのが重なったら点になる。それが野球だと思う」と腕を組んだ。4連敗で借金3。交流戦の勝ち越しはなくなった。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンク… 続きを読む