「▼オリックスバファローズ外野手のニュース」カテゴリーアーカイブ

オリックス2位元「手も足も出ない」甲斐の配球驚き <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス・ドラフト2位の元謙太外野手(18=中京)が日本一バッテリーに衝撃を受けた。昨年の日本シリーズをテレビ観戦し、ソフトバンク甲斐の配球に「読みながら見ていたのですが、全部違う球が来る。実際に打席に立ったときにその予想だと手も足も出ない」と完敗。「これから打ち崩していかないといけないので、自分の考えと次は逆を考えて配球してみる」と対策をイメージした。高校時代から相手のクセなど気付きのメモを習慣づけており、プロでも継続する。※… 続きを読む

オリックス3位来田「金属より楽しい」バットも改良 <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスドラフト3位の来田涼斗外野手(18=明石商)がフルスイング宣言した。「自分の持ち味は打撃。どれだけ強く振れるかが勝負」。金属バットから木のバットへの対応は「金属より打つのは楽しいです。当たる感触が全然違うので。そこで楽しさを感じています」と話した。阪神・高山モデルのバットを使用し、長さは85センチ、重さ900グラム。「グリップを少し削った。自分の型にしていきたい」と“来田モデル”に改良する。※当記事の引用は全て以下の記事… 続きを読む

オリックス・ドラ2元は“強打者コレクター” 一流打者モデルこだわりティー打撃<バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスのドラフト2位・元謙太(げん・けんだい)外野手(18)=中京=が10日、新人合同自主トレで“強打者コレクター”ぶりを披露した。 こだわりのティー打撃は計4種類。まずは右手と左手を逆さに持つ「広島・鈴木誠式」で打ち始め、オープン、クローズと構えを変える「吉田正式」に移り、最後は左足を高くあげて、バットをヒッチさせて間を取る「巨人・丸式」で締めた。 昨年のコロナ自粛期間中に、寮から自宅待機となった際に動画サイトをあさって見つ… 続きを読む

ロメロが1年で古巣オリックス復帰 年俸1・3億円 <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは8日、昨季まで楽天に在籍したステフェン・ロメロ外野手(32)を獲得したと発表した。ロメロは17~19年の3シーズンをオリックスでプレーしており、1年で古巣に戻ることになった。契約年数は単年で、年俸1億3000万円+出来高を設定。背番号は「69」に決まった。ロメロは球団を通じて「私にとってオリックス・バファローズの選手、スタッフ、関係者の皆さんは家族のような存在です。再び戻ってプレーできることが決まり、大変うれしく思って… 続きを読む

オリックス3位来田、高校34発生んだ相棒連れ入寮 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス・ドラフト3位の来田涼斗外野手(18=明石商)は、トレーニング器具「モーションロープ」を持参した。体幹を強化し飛距離増につなげる器具で、パンフレットを見て購入を決めた。「高校3年生から使っています。これまでは手先とかで振っていましたが、下半身を使って振れるようになってきたと思います」と、高校34本塁打を生んだ相棒を連れて入寮した。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧くだ… 続きを読む

オリックス2位元“謙太らしく”寄せ書き持参で入寮 <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスのドラフト2位、元謙太(げん・けんだい)内野手(19=中京)は、寄せ書きの幕持参で大阪市此花区の青濤館に入寮した。「中京高校のクラスの子や野球部の同級生が書いてくれた物を持ってきました」と広げた布には「くらいつけ 一球に魂をこめて CHUKYO」の文字のまわりに友人からのメッセージがびっしり。「行く前に渡されて。12月の半ばくらいにもらいました。“謙太らしく”という言葉をみんな書いてくれていて、自分の中でスタイルというも… 続きを読む

オリックスT岡田が中吉の誓い「日々100%の力」 <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスT-岡田外野手が「中吉の誓い」を立てた。正月に兵庫県内の自宅近くの神社に参拝し、中吉を引き当てた。欲張らず、日々力をつくせば結果はついてくる、というおみくじの内容に深く納得。5日は大阪・舞洲で自主練習を行い「(吉田)正尚の前を打つのなら、しっかり正尚につなぐ。出塁率を高める。日々100%の力を出していきます」と決意表明した。21年の漢字には「精進」を選び、チームの勝利にまい進する意気込みを示した。※当記事の引用は全て以下… 続きを読む

オリックス・モヤが来日 コロナ感染対策で待機中 <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは4日、スティーブン・モヤ外野手(29)が来日したと発表した。3日夜に関西国際空港に到着し、新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため現在は待機中だという。モヤは球団を通じ「今年は新型コロナウイルスの影響で来日後14日間の待機が必要であるため、例年より早く来日しました。待機期間が明け次第、またハードに練習して、宮崎キャンプ入りに向けてしっかりと準備を行いたいと思います。そして開幕を万全な状態で迎え、素晴らしいシーズンにでき… 続きを読む

オリックス・中嶋監督“吉田2番構想” 得点力不足解消へ「臨機応変に」 <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス・中嶋聡監督(51)は3日、今季の打順について、吉田正尚外野手(27)の2番構想を明かした。 昨季はチーム打率がリーグ4位ながら、442得点は同最下位。得点力不足の解消のキーマンは主砲にあると考える。 「タイプ的には3番だと思う。そうなると4番を誰が務めるのか。1番が出て、2番が送っても歩かされる。だったら2番に置いて一、三塁をつくる」 吉田正の昨季の敬遠数はリーグ断トツの17。得点圏に走者を置いても勝負してもらえなけれ… 続きを読む

オリックス・中嶋監督、AJに“開幕ダッシュ”指令「ある程度のMAXは大事」<バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス・中嶋聡監督(51)が31日、今季来日2年目となるアダム・ジョーンズ外野手(35)に“開幕から全開指令”を出した。 来日1年目の昨季、ジョーンズは87試合で打率・258、12本塁打、43打点。開幕直後は本調子ではなく、シーズン中盤になり、3試合連続本塁打など本領を発揮した。 指揮官は「メジャーの選手は開幕からガンガンというのはあまりなくて、シーズン中に状態を上げてくる。それがトップの選手」と分析しつつ、「2021年はまた… 続きを読む