「▼オリックスバファローズ外野手のニュース」カテゴリーアーカイブ

オリックス・T─岡田が「完璧」な5階席弾! 通算200本塁打まで残り「7」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス・T─岡田外野手(33)が、豪快な一発を放った。「(感触は)完璧でした。変化球をうまく我慢できましたし、最高の結果になってくれてよかったです!」。3─0の五回1死一、二塁。巨人先発・高橋が1ボールから投じた2球目、123キロのスライダーをとらえ、右翼5階席まで運んだ。今季7号3ランはNPB通算193号目。200本塁打まで残り「7」とした。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックして… 続きを読む

勝率5割復帰へ、ラオウが吠えた オリ・杉本が先制適時打「気持ちで打ちました」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 4月1日以来となる勝率5割復帰を目指すオリックスが、先手を取った。「5番・右翼」で先発出場した杉本が、先制2点二塁打を放った。 「打ったのはシンカーだと思います。先制のチャンスでしたし何とか気持ちで打ちました。まだ試合も序盤ですし、この後も打てるように頑張ります!」 巡ってきた好機を逃さなかった。0―0の初回1死満塁。2ストライクからの3球目、高橋の低め変化球を巧打し、左翼線へはじき返した。なおも1死二、三塁で、続くモヤの… 続きを読む

オリックス・宗が絶好調 先制の5号ソロで16戦連続安打 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは初回1死から宗がサンチェスの初球146キロを右翼スタンドに運ぶ5号にした。 「感触も悪くなかったですし、ホームランになってくれてよかったです!いい先制点になってくれたと思います!」 宗の本塁打は5月8日・ロッテ戦以来。16試合連続安打となった。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。  ⇒オリックス・宗が絶好調 先制の5号ソロで16戦連続安打 宗、課題だっ… 続きを読む

オリックス吉田正尚5月度MVP 4度目受賞「うれしく思う」 <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス吉田正尚外野手(27)が、5月度の「大樹生命月間MVP賞」を受賞した。自身4度目の受賞に「もちろん、うれしく思います」と笑顔を見せた。5月は23試合に出場し、89打数34安打で月間打率3割8分2厘、6本塁打、24打点を記録し「打点はチームにとって非常に良いこと。1点でも多く取れればなと思っています」。三振数は月間4つで「(カウントを)追い込まれたらしっかり逆方向に打って。追い込まれてから打てるというのは、相手のウイニング… 続きを読む

オリックス・杉本「最低限の仕事をしようと」先制2点打 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの杉本裕太郎外野手が先制打を放った。 初回無死満塁の絶好機。フルカウントから、大野雄のフォークを捉えて左前に運んだ。三塁走者に続き、二塁走者も生還する2点適時打。好投手から幸先良く、先制点を奪った。杉本は「内野も下がっていましたし、なんとかバットに当てて、最低限の仕事をしようと思っていました。1、2、3番が塁に出てチャンスを作ってくれていたので、なんとかランナーをかえせてよかったです」とコメントした。※当記事の引… 続きを読む

オリックス杉本交流戦初弾「内角いい反応で打てた」スアレス154キロ撃ち <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス杉本裕太郎外野手(30)が、交流戦では自身プロ初となる本塁打を放った。初回2死二塁でヤクルト・スアレスの154キロ速球を捉え、左中間スタンドぎりぎりに打ち込んだ。「先制点になってくれてよかったです。ここ最近、インコースを攻められていましたし、インコースのボールに対して、いい反応で打てました」。22日ソフトバンク戦(ペイペイドーム)以来出場6試合ぶりの1発で、先発の増井を援護する一撃になった。※当記事の引用は全て以… 続きを読む

オリックス・モヤ「ファイティングポーズを崩さず」代打で6号3ラン <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスのスティーブン・モヤ外野手が、7回に代打で3ランを放った。相手先発の小川に6回まで無得点に封じられていたが、2死一、三塁の好機に登場。初球のスライダーを力強く捉え、右翼フェンスを越える6号アーチとした。連続無失点イニングを「23」に伸ばしていた右腕から貴重なアーチを放ち、3点差に詰め寄ったモヤは「しっかりとスイングすることができたし、ホームランといういい結果になってくれてよかったよ。まだ負けているし、なんとか追い… 続きを読む

オリックス・ロメロが2号ソロ「安達とのパフォーマンスをすることもできた」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは6点リードの六回1死から、ロメロが吉田大の122キロを左翼スタンドへ運ぶ2号ソロ。 「打った感じもよかったし、京セラドームに帰って来てからの初めてのホームランを打ててよかったよ!安達とのパフォーマンスをすることもできたしね。これからもチームに貢献するバッティングができるようにしていきたいね!」 ロメロの本塁打は4日・西武戦(メットライフドーム)以来。来日通算95本塁打となった。※当記事の引用は全て以下の記事から… 続きを読む

オリックス吉田正尚2戦連発「イメージできていた」侍稲葉監督の前で決勝弾 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス吉田正尚外野手(27)が2戦連発となる決勝12号2ランを放った。初回1死一塁でバンデンハークの初球149キロ直球を完璧に捉えた。「速い球を狙っていた。コースは厳しかったんですけど、イメージはできていた」。2戦連続で1打席目にアーチを描き「いい形。1球目から無駄にしない準備ができている」と振り返った。この日は侍ジャパンの稲葉篤紀監督(48)が視察に訪れ「(開催は)今は全く想像ができないですけど…。僕たちは今、プロ野… 続きを読む

オリックス・T-岡田が2試合連続弾「シンカーをしっかり捉えることができました」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 3点を追うオリックスは六回、先頭のT-岡田が三上の2球目を右翼スタンドに運ぶ6号ソロ。 「塁に出ることを考えて打席に入っていましたが、浮いてきたシンカーをしっかりと捉えることができました!まずはなんとか追い付けるように、この後も頑張ります!」 T-岡田は2試合連続の本塁打となった。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。  ⇒オリックス・T-岡田が2試合連続弾「シンカーをし… 続きを読む