「▼オリックスバファローズ首脳陣のニュース」カテゴリーアーカイブ

オリックス・中嶋監督“吉田2番構想” 得点力不足解消へ「臨機応変に」 <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス・中嶋聡監督(51)は3日、今季の打順について、吉田正尚外野手(27)の2番構想を明かした。 昨季はチーム打率がリーグ4位ながら、442得点は同最下位。得点力不足の解消のキーマンは主砲にあると考える。 「タイプ的には3番だと思う。そうなると4番を誰が務めるのか。1番が出て、2番が送っても歩かされる。だったら2番に置いて一、三塁をつくる」 吉田正の昨季の敬遠数はリーグ断トツの17。得点圏に走者を置いても勝負してもらえなけれ… 続きを読む

オリックス能見先発起用なら2軍コーチを1軍配置案 <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス中嶋聡監督が、投手コーチを兼任する能見篤史投手を先発起用した場合、2軍担当のコーチを1軍に配置転換する案を明かした。基本は中継ぎとした上で「もし先発になると2、3日前から(コーチの役割から)外れる」とした。選手に専任する期間については「誰かコーチを下から手伝ってもらう。小林(2軍監督)が投手コーチ兼の監督もできるので」と説明した。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。 … 続きを読む

オリックス・中嶋監督、AJに“開幕ダッシュ”指令「ある程度のMAXは大事」<バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス・中嶋聡監督(51)が31日、今季来日2年目となるアダム・ジョーンズ外野手(35)に“開幕から全開指令”を出した。 来日1年目の昨季、ジョーンズは87試合で打率・258、12本塁打、43打点。開幕直後は本調子ではなく、シーズン中盤になり、3試合連続本塁打など本領を発揮した。 指揮官は「メジャーの選手は開幕からガンガンというのはあまりなくて、シーズン中に状態を上げてくる。それがトップの選手」と分析しつつ、「2021年はまた… 続きを読む

オリックス ディクソンが先発再転向 中嶋監督「準備をお願いした」 <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスのディクソンが先発に再転向する。「先発の準備をお願いしました。先発能力があるのに、させないのもどうかな…」と中嶋監督。昨季途中から抑えを務め、今季も39試合で16セーブ。しかし先発でも来日1年目の13年から通算139試合で47勝(53敗)を挙げている。 さらに13年、15年に自身5連敗を喫するなど春先に強くて、秋に調子を落とすイメージもあるといい「なので最初は先発で、状態次第で、後ろに戻すという考え方も一つかな」と東京五… 続きを読む

オリックス・戦力外通告の飯田をコーチ補佐起用検討<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスが今季限りで阪神を退団した能見篤史投手(41)をコーチ兼任で獲得することを目指し、来季の組閣を進めていることが27日、分かった。 球団は阪神退団が決まった11月上旬から調査を続け、先発、リリーフで通算443試合に登板している豊富な経験を改めて評価。獲得に成功すれば1軍のブルペン担当を同時に任せたい意向で、今季限りで戦力外通告を受けた飯田大祐捕手(30)をコーチ補佐に起用して左腕のベンチ入り時には代役を担わせること… 続きを読む

オリックス・中嶋監督 来季の新コーチ陣に要望「自分の色を出してもらっていいが、見てからにして」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは27日、大阪・舞洲での秋季練習を打ち上げ、中嶋監督は来季の新コーチ陣に「見てから指導してほしい」と要望した。 1軍では今季まで広島2軍監督を務めた水本勝己氏がヘッドコーチ、梵英心氏が打撃コーチ、2軍では入来祐作氏が投手コーチに就任。本格指導は2月の春季キャンプからで、「自分の色を出してもらっていいが、見てからにしてほしい。そうしないと、選手がこれまで考えてやってきたことを無にする。考える力がストップしてしまうの… 続きを読む

オリックス 水本氏、梵氏、入来氏がコーチ就任 <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは26日、水本勝己1軍ヘッドコーチ(52)、梵(そよぎ)英心1軍打撃コーチ(40)、入来祐作2軍投手コーチ(48)の就任を発表した。来年1月1日付で着任する。水本ヘッドコーチは、倉敷工から社会人の松下電器を経て89年にドラフト外で広島入団。91年で引退し、07年から広島のコーチに就任した。16年から2軍監督を務め、17年にファーム日本一にチームを導いた。オリックスでの背番号は88に決まった。「ポテンシャルの高い選手は多い… 続きを読む

オリックス、来季投手コーチに入来祐作氏を招へいへ <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスが来季の投手コーチとして、今季ソフトバンクでジュニアアカデミーコーチを務めた入来祐作氏(48)を招聘(しょうへい)することが25日、分かった。近日中に正式発表される見込み。オリックスは来季の組閣として、高山ヘッド兼投手総合コーチの兼任を解き、投手コーチに専念させる見込み。小松投手コーチはスカウトに転身することになり、平井2軍投手コーチは育成部門を担当する方向で調整している。入来氏は96年ドラフト1位で巨人に入団。その後は… 続きを読む

オリックス・中嶋監督が熱視線! 2年目コンビ太田&頓宮、育成・岡崎&佐藤優を好評価 フェニックス・リーグ視察を総括 <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの中嶋聡監督(51)が24日、「みやざきフェニックス・リーグ」での4日間の視察を終えて総括した。 南国でレベルアップに励む若手らを21日から見守ってきた中嶋監督。まず切り出したのは、初日のロッテ戦で活躍を見せた2年目コンビだ。一昨年のドラフト1位・太田は4安打の固め打ち。指揮官は「数字的なことより、故障明けでも、しっかり振れるようになっている印象」と変化を感じ取った。その同期でドラフト2位の頓宮は、9回に劇的逆転サヨナラ… 続きを読む

オリックス・中嶋監督 榊原の課題を指摘「自分で分かっていかないと」 <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの先発・榊原は三回まで毎回安打を許しながらも1失点とテンポ良く投げていたが、四回に突如、制球を乱し2失点。続投した六回は自らの野選なども絡んだ満塁から押し出し四球を出したところで降板となった。 結局5回0/3で7安打、5四球で4失点。奪三振は1だった。 視察に訪れた中嶋聡新監督は「判断しづらい。いいイニングと悪いイニングがあった。そこが課題。登板前にどういうテーマを思ってマウンドに上がったのか。それができたのか。自分で分… 続きを読む