「ドラフト2022」タグアーカイブ

【最新情報あり】オリックスバファローズ2022年ドラフト会議・選択希望選手のニュース一覧

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。以下、オリックスバファローズ2022年度のドラフト指名選手一覧です。名前のリンク先で、各選手の喜びの声の記事をリンクする予定です。 ※昨年、2021年度のドラフト指名選手ニュース一覧は、リンク先をクリックしてご覧ください。 また、当ページで、来季のドラフトまでのルーキー関連のニュースもこちらにまとめていきます。 ※本指名・育成指名ともに終了につき確定。 【1位】曽谷龍平投手(単独指名・白鷗大学) 11/8 オ… 続きを読む

オリックス育成2位大経大・才木海翔と仮契約「個々の能力が高い選手が多い印象」背番031<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは11日、育成ドラフト2位で指名した大経大・才木海翔投手(22)と大阪市内で仮契約を結んだ。 最速153キロを誇る、関西の大学球界屈指の右腕。3年秋の関西6大学リーグでは防御率0・74をマークした。 「仮契約を終えて、プロとしての自覚が芽生えてきました。オリックスは雰囲気がよく、個々の能力が高い選手が多い印象です。自分のセールスポイントはどんな相手でも強い気持ちで投げられるところです。自分の与えられ… 続きを読む

オリックス白鴎大・曽谷龍平をドラフト1位指名へ、福良GMが公表 最速150キロ超え左腕<バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス福良淳一GM(62)が14日、京セラドーム大阪で代表取材に応じ、今秋のドラフト会議で白鴎大の曽谷龍平投手(4年=明桜)を1位指名すると公言した。曽谷は150キロを超える直球が武器の左腕で、力感を感じさせないスリークオーター気味の投球フォームが特徴的。福良GMは「うちの補強ポイントで、NO・1の評価。真っすぐも強いし、スタミナもある」と指名理由を明かした。現時点では曽谷を1位指名すると公言したチームはオリックスのみだが「競… 続きを読む

オリックス 今秋ドラフトに“吉田正2世”早大・蛭間リストアップ 広角に打てる左の長距離砲<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスが今秋のドラフト上位候補に挙がる早大・蛭間拓哉外野手(21=浦和学院)をリストアップしていることが21日、分かった。 “吉田正2世”だ。蛭間は東京六大学リーグ現役最多の通算10本塁打を誇る左の長距離砲。吉田正と、ほぼ同体格の身長1メートル76、85キロで強烈なフルスイングが持ち味。長打だけでなく、広角に打ち分ける技術も兼ね備えており共通点は多い。 球団関係者は「蛭間選手は4スタンス理論を取り入れているが吉田正選手… 続きを読む