「77 西村徳文監督のニュース」カテゴリーアーカイブ

オリックス今季7度目のサヨナラ負けで3カードぶり負け越し <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスが今季7度目のサヨナラ負けで3カードぶりの負け越しを喫した。 1点ビハインドの8回2死一、三塁から吉田正の左前適時打で同点に追いついたが、延長10回に守護神のディクソンが渡辺佳にサヨナラ打を浴びた。助っ人右腕は今季初黒星となった。 西村徳文監督(59)は「(8回に)同点に追いついたことは評価しないといけないけど、3回から7回まで無安打でしょ? ビジターなんで勝ち越し、勝ち越しでいかないとこういう展開になる」と険し… 続きを読む

西村監督、満塁被弾で5連勝逃すも「先に先に点を」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスが今季2度目の5連勝を逃した。ロメロの11号2ランで追いついた直後の6回裏、先発の竹安を救援した比嘉が2死二塁とし、代わった山田もピンチを広げて茂木に満塁弾を浴びた。竹安は6回も投げる準備をしていたが、西村監督は「同点に追いついたら交代と決めていた。比嘉も山田もいつも頑張ってくれている。それより、先に先に点を取っていかないと」と前半の得点機を逃したことを悔やんだ。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は… 続きを読む

西村監督「1つ1つ」山本登板回避もつないで4連勝 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスがアクシデントを乗り越え、今季2度目の4連勝を飾った。先発予定の山本が左脇腹の違和感を訴え、登板を回避。だが急きょ先発を託された中継ぎの山崎福が、2回までに2点を失ったものの、4回2失点と粘投。楽天の攻撃が中軸から始まる5回にマウンドに上った比嘉も、無失点でつないだ。投手陣の奮闘に打線も応え、6回に5安打で一挙5点を奪って逆転。無死三塁でチーム最初の適時打を放った吉田正は「いつも投手陣に助けられてる。きょうは打線… 続きを読む

オリックス今季初の2カード連続勝ち越し、西村監督「しがみついてやっていくしかない」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは2点リードの6回から4投手の継投で無失点に抑え、今季初の2カード連続勝ち越しを決めた。 打線が4回までに6点を奪ったが、先発の山岡が5回8安打4失点で降板。6回を山田、7回を近藤、8回を海田、9回をディクソンが無失点で逃げ切った。西村監督は救援陣に「うまくいかなかったこともあったが、ここにきていいものを出してくれている。山岡はよくなかったが、6回から代えていけた。山田の状態が上がってきたのはチームとしても大きい… 続きを読む

オリックス西村監督「点取らないと」後味悪い敗戦 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは西武戦2年ぶりの同一カード3連勝を逃した。先発竹安が3回で2発を浴び、4失点で降板。追いついた直後の7回に近藤が先頭山田を歩かせ、秋山に決勝打を浴びた。山田は2球で追い込んでからの四球。西村監督は「(四球の)内容を見ればもったいなかった。でももっと点を取らないと」と再三逃した好機を悔やんだ。2回には岡田に当てた死球を巡り、両軍が一触即発状態に。後味の悪い敗戦になった。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事… 続きを読む

オリックスが50敗、西村監督は初回の拙攻に苦言 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 最下位オリックスは打線が今季3度目の1安打と奮わず、リーグ最速で50敗目を喫した。初回先頭の福田が四球で出塁。2番小島が空振り三振に倒れ、同時に福田が盗塁死で三振併殺。敗れた28日ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)と同様の立ち上がりに西村監督は「この前もそれが全てだった。そういうところをなんとかしていかないと。流れを渡すゲームが続いていたら勝てない」と苦言を呈した。(後略)※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以… 続きを読む

オリックス借金10 西村監督「3点最後に重く…」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスが接戦に敗れ、6月20日以来の借金「10」となった。先発山岡が5回途中5失点と乱調だったが、2番手以降が粘り、打線も着実に点を返した。毎回走者を出し、チャンスも作ったが及ばなかった。5回には無死一、二塁から大田の打球を遊撃手が捕りきれず勝ち越し適時打としてしまう場面もあった。西村監督は「(アウトを)取れるところで取っておかないと。2点は取ったけど(5回の)3点が最後に重くなってしまった」と厳しい表情で振り返った。… 続きを読む

オリックス2カード連続負け越し 西村監督「正尚の1発の後の失点がすごく痛かった」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは逆転負けで吉田正の2戦連弾も空砲に終わり、後半戦2カード連続負け越しを喫した。初回にモヤの2ランで7試合連続の先制に成功。同点の6回先頭の吉田正が右翼席中段に運ぶ17号ソロで勝ち越した直後だった。無死一、三塁からマウンドに上がった2番手比嘉が山川に3ランを被弾。そのまま終盤の猛攻を止められず、大敗した。西村徳文監督(59)は「主導権を握ったところから入って、(吉田)正尚の1発の後の失点がすごく痛かった」と悔やん… 続きを読む

ディクソン救援失敗「点とってあげないと」西村監督 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスはリリーフ陣が踏ん張れず、勝ち試合を逃した。3点リードの9回に守護神ディクソンが1死一、二塁から金子侑に同点3ランを被弾。延長戦に突入し、11回に5番手増井が中村に左翼越えのサヨナラ弾を被弾した。守護神を任されてから11試合目で初の救援失敗だったが、西村徳文監督は「今までずっと結果を出してくれていたわけですから。そこまでいくのにもっと点をとってあげないといけない」と肩を落とした。※当記事の引用は全て以下の記事から… 続きを読む

オリックス、わずか1安打で勝利 西村監督「勝つことが一番」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスがわずか1安打で白星をつかんだ。パ・リーグでの1安打勝利は2015年7月10日に日本ハムが西武戦でマークして以来14度目で、球団では阪急時代の1950年5月31日の大映戦で記録して以来。西村監督は山岡の好投をたたえつつ「勝つことが一番。大きい」と笑顔だった。 一回に先頭の福田の内野安打を起点に1死一、三塁とし、吉田正の犠飛で1点を奪った。2017年から9連敗と苦手にしていた則本昂にも土を付け、吉田正は「投手戦にな… 続きを読む