「73 高山郁夫一軍投手コーチのニュース」カテゴリーアーカイブ

オリ高山投手コーチ、開幕構想明かす 金子 開幕回避へ 大役は西が最有力か<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは25日までに金子千尋投手(34)を3月30日の開幕・ソフトバンク戦で起用しないことを決定した。 最も勝利が計算できる投手をフル回転させるための措置で、高山投手コーチは「火曜日は6連戦初戦。少なくとも、年間通じてやってもらう選手が投げる」と話した。 大黒柱の今季初登板を火曜日の本拠地開幕・ロッテ戦に移すことで多大なメリットが生まれる。交流戦終了まで火曜日は毎週試合があり、11試合中7試合がドーム球場。中6日での起用が計算… 続きを読む

オリックス投手陣に内角攻めのススメ 高山投手コーチ「あと緩急を」<バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの高山郁夫新投手コーチ(55)が2日、投手陣に内角攻め&緩急のススメを説いた。 今季のチーム防御率はリーグ5位の3・83と低迷。その原因の一つに制球力のなさがあった。四球数こそ433でリーグ3位だったが、勝負所で痛打を浴びるシーンが多く見られた。高山コーチは「外角中心の攻めになっていた。打者に内角はないと判断されたために踏み込まれて打たれた」と話す。外角低めギリギリを狙うあまりカウントを悪くして痛打される悪循環に陥っていたと分析… 続きを読む