「54 黒木優太投手のニュース」カテゴリーアーカイブ

【オリックス】先発転向の黒木優太、ジョニー継承「完投王」目指す<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス・黒木優太投手(28)が「完投王」を大目標に掲げた。昨年の契約更改で希望し、今季から先発に転向する右腕。5日、大阪・舞洲の球団施設で自主トレを行い、同姓のレジェンドを手本とした。  「先発完投が一番だと思うので、そこを突き詰めていきたいと思います」。プロ6年間、全てリリーフで121試合に登板。まっさらなマウンドを目指すのは立正大以来だが、黒木には壮大な夢があった。「すごい投手なので、ずっと憧れています」と… 続きを読む

【オリックス】黒木優太が1425万増の3000万円で更改 来年は「1年間1軍で」<バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの黒木優太投手が2日、大阪・舞洲の球団施設内で契約交渉に臨み1425万円増の年俸3000万円でサインした(金額は推定)。  「もう少しやれたかなっていうのは正直あって。しっかり向上心を持って来年やっていけたらなと思う」。19年途中に右肘のトミー・ジョン手術を受け、育成選手として再契約し、20年に支配下に復帰。苦労を乗り越え、今年、4年ぶりに1軍登板した。27試合に登板して2勝2敗、防御率2・36とブルペンを支えた… 続きを読む

オリックス黒木優太5年ぶりセーブも冷静「ゼロに抑えてチームが勝ったので」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス黒木優太投手(27)が5年ぶりのセーブで、チームを救った。2点を勝ち越した直後の延長10回に5番手で登板。2番から始まる相手打線を3人で片付け、17年7月29日楽天戦以来のセーブを挙げた。プロ1年目は150キロ超の快速球を武器に勝ち継投で活躍も、右肘の故障に苦しみ、支配下からも外れた。苦しい時期を乗り越えての好結果も「ゼロに抑えてチームが勝ったので」と冷静に振り返った。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事… 続きを読む

オリックス黒木優太、倖田來未の書き下ろし新曲で登場 ファン公言で制作実現<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの黒木優太投手が、歌手・倖田來未の未発表の新曲にのって登場した。 入団当時から倖田來未のファンを公言しており、これまでの登場曲には「Guess Who Is Back」を使用していたが、今回、倖田側がオファーを受け未発表の新曲「It’s “K” magic」を制作した。歌詞の中に「未来の自分誇りたいのなら、答えは一つ やるしかないやん?!」と関西弁混じりに、背中を強く押すメッセージ性あふれる歌詞が特徴の楽曲だ。 … 続きを読む

オリックス・黒木 25%の大幅減で更改「妥当だと思います」 <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス・黒木優太投手は6日、大阪市此花区の球団施設で契約更改交渉に臨み2100万円から525万円ダウンの1575万円で更改した(金額は推定)。 「妥当だと思います。ファームで投げられたことが収穫。来年キャンプ初日から投げられるようにしたい。日に日に良くなっている。あとは1軍レベルのパフォーマンスできるか」 育成選手から支配下に復帰したが、1軍登板はなし。2軍では17試合に登板し、1勝0敗2セーブ、防御率6・19だった。2019… 続きを読む

オリックス・黒木が長期離脱…7日2軍戦で右肩に違和感 <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス・黒木優太投手(26)が12日、長期離脱する見込みとなった。7日のウエスタン・ソフトバンク戦(京セラD)に登板。1回を3者三振に抑えたが、右肩に違和感を訴えたもよう。状態は思わしくなく、当面はノースローで様子を見る。 プロ5年目の右腕は1年目の17年に55試合に登板し、6勝25ホールドの活躍。19年6月に右肘じん帯再建術(通称トミー・ジョン手術)を受けて育成登録されたが、リハビリを経て昨年12月に支配下へ復帰した。球速も… 続きを読む

オリックス・黒木、復活へまた一歩!初紅白戦で1回零封「良い感じで投げられた」 <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス・黒木優太投手(26)が12日、宮崎春季キャンプでの紅白戦に初登板し、1回無失点と好投した。 「まだまだ、ですけどね。今の状態としては、良い感じで投げられたと思います」 紅組の4番手で、5回に登板。先頭の宜保を左飛、続く佐野皓には中前打を許したが、最後は田城を遊ゴロ併殺に仕留めた。 黒木は19年2月の春季キャンプで右肘痛を発症。同6月に右肘内側側副靱帯(じんたい)再建術(トミー・ジョン手術)を受けて育成契約に。昨年10月… 続きを読む

オリックス黒木25球「無理はしない。ただ全力で」 <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス黒木優太投手(26)が2日、宮崎キャンプで初のブルペン投球を行い、変化球を交えて25球を投じた。19年6月に右肘内側側副靱帯(じんたい)再建術および右肘鏡視下骨棘(こっきょく)切除術を受け、昨季は育成選手としてリハビリ過ごしていた。「こっち(宮崎)に来てからの状態の確認程度です。悪くはない。特別いいわけではないですけど。監督にも無理しなくていい。自分のペースでやっていけばいいと言われた。再発しないように1日1日過ごしてい… 続きを読む

オリックス黒木優太が支配下復帰、700万円減更改 <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス黒木優太投手(26)の支配下復帰が4日、決まった。プロ1年目から150キロ超の快速球を武器に、勝ち継投の中継ぎとして活躍。だが昨年2月の春季宮崎キャンプ中に右肘痛を発症し、同6月に右肘内側側副靱帯(じんたい)再建術(トミー・ジョン手術)を受けた。同10月に支配下を外れ、球団と育成選手契約を結んで復活を目指してきた。「自分を客観視できる時間でした。この手術は絶対に無駄にしてはいけない」と、投げられなかった時間を振り返った。… 続きを読む

オリックス、黒木&山崎颯を支配下へ 近日中に正式発表<バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス・黒木優太投手(26)と山崎颯一郎投手(22)が、支配下選手登録されることが1日、分かった。近日中に正式発表される見通し。 黒木はルーキーイヤーの2017年に55試合に登板し、6勝3敗25ホールド2セーブ、防御率4・22とブレーク。2年目も39試合に登板したが、昨年6月に右肘内側側副靭帯再建術と右肘鏡視下骨棘切除術を受け、オフに育成選手として契約を結んでいた。 また、山崎颯も黒木と同様に昨年8月に右肘内側側副靭帯再建術を… 続きを読む