「30 K-鈴木(鈴木康平)投手のニュース」カテゴリーアーカイブ

オリックスK鈴木3勝も「負けられない」竹安を意識 <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスK-鈴木は反省の3勝目となった。6回まで2安打0封したが、7回に3安打で1点を失い降板。「あそこをしのげれば」と悔やんだ。前日17日に同世代の竹安がプロ初完投初完封。続きたい思いもあったが、「そういうのは取り除いて投げた」という。ただ「負けられない」という気持ちは強い。西村監督は「攻めているのは伝わった」と評価した。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。 … 続きを読む

K-鈴木5回悔し暗転 「急にコントロールがきかなくなった」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 (前略)無失点と好投していた先発のK-鈴木が突如制球を乱し、3与四球。1死満塁とし、ウィーラーの犠飛、銀次の適時打で1-2と勝ち越された。5回途中で降板した先発右腕は「急にコントロールがきかなくなった。ボールが滑るような感じがして。これまでの先発ではなかった感覚です」と悔しそうにつぶやいた。(後略)※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。 ⇒オ… 続きを読む

オリックスK-鈴木が6回途中5失点で降板、マーティンに勝ち越し弾を浴びる <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスのK―鈴木投手(25)が5回0/3を6安打5失点で降板した。 初回に連打で無死二、三塁とすると鈴木の一塁へのゴロをモヤが本塁送球したが、三塁走者が生還(記録は野選)。1死一、三塁となって角中の一ゴロの間に1点を追加された。2―2の5回2死ではマーティンに右越えソロを被弾。6回に連打を浴びて無死二、三塁となってマウンドを降りた。2番手・比嘉が中村、柿沼に連続適時打を許して、K―鈴木は5失点となった。 最速150キロ… 続きを読む

オリックスK鈴木が7回5安打1失点「今日のような投球ができたことは収穫」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスのK―鈴木投手(25)が7回5安打1失点と好投した。最速150キロの直球で押し込み、1四球と制球も安定。初回の先頭打者・牧原に右中間テラス席へ一発を浴びてからは隙を与えなかった。 87球を投げ、「今日は調子自体もよかったし、若月が強気のリードで引っ張ってくれたのでしっかりとゾーンで勝負するという自分本来の投球ができたと思います。正尚が2本の本塁打を打ってくれたので余裕を持って投げられたことも大きかったです。まだま… 続きを読む

オリックスK-鈴木「無で投げる」26日先発へ調整 <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスK-鈴木投手(25)が25日、先発予定の26日ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)に向け、大阪市内の球団施設で調整した。プロ初勝利を挙げた5月18日西武戦以来、7試合で勝ち星が遠ざかっている。「別にそんなに意識することはないです。調子自体もそんなに悪くないので。あとはフォームだったりをしっかり見つめなおして、試合の中で修正できればいいかなと思います」と前を向いた。ソフトバンクは今宮ら故障組が復活。「そんな意識することはない。… 続きを読む

オリックス先発K-鈴木3回持たず「要所で粘れず」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス先発のK-鈴木投手(25)が3回途中2失点での降板を反省した。1回に3点を取ってもらったが、2回にブラッシュにソロを浴び、3回にも1失点、2死満塁のピンチを残してマウンドを降りた。K-鈴木は「調子自体は悪くなかったと思いますが、ボール先行の苦しいピッチングになってしまい、自分のペースで投げることができませんでした。点を取った直後の失点もそうですし、要所を粘ることができず、悔しいです」と肩を落とした。5月18日の西… 続きを読む

オリックスK-鈴木が4回途中KO「申し訳ない」 <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスK-鈴木投手(25)が5回持たずにマウンドを降りた。初回、秋山に安打を打たれ、源田にも四球を与えてそこから1死二、三塁の大ピンチを招くも、山川を空振り三振。さらに2死満塁から中村を151キロ速球で見逃し三振に抑え、無失点で切り抜けた。味方打線は3回、小島の適時打などで2点を援護した。だが3回裏、秋山、源田、外崎に3連打を浴び、西武に重盗も決められて2失点。なおも無死一、二塁では追加点を許さず、同点で踏ん張ったが、4回に先… 続きを読む

オリックスK鈴木「1球大事さ痛感」最長登板も4敗 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 先発したオリックスK-鈴木投手(25)の粘投実らず、今季4敗目を喫した。最速150キロの直球を軸にテンポよく投げ込み、5回1死まで無安打無失点を続けた。2点リードの6回、2死一塁から巨人丸に外角直球を逆方向に弾かれ、左翼ポール際に飛び込む同点2ランを被弾した。8回2死から連続四球で6回に1発を浴びた丸を打席に迎えたところで降板。2番手近藤が丸に右越えの2点適時三塁打を打たれ、チームは敗れた。K-鈴木はプロ最長の7回2/3を… 続きを読む

オリックスK-鈴木、因縁の上沢に8年越し雪辱誓う <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスK-鈴木投手が日本ハム上沢との「因縁の対決」を心待ちにした。11年の千葉明徳3年時に夏の甲子園をかけた県大会2回戦で、当時専大松戸のエース上沢と投げ合った。両右腕ともに球数184球を投じた激戦で、延長11回で6-6の引き分け。翌日の再試合で専大松戸に軍配が上がった。順当にいけば6月2日に両者が先発として再戦が実現する可能性が高い。「高校でいい刺激になった相手だった。リベンジ果たしたいですね。楽しみです」。プロの舞… 続きを読む

オリックス・K-鈴木、四球で崩れる「もっとストライクゾーンで勝負しなければ」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスのK-鈴木は5回5安打3失点で2敗目を喫した。1-0の二回2死一塁から連続四球を与えて満塁とされ、堀内に中前へ2点適時打を許して逆転され「もっとストライクゾーンで勝負しなければいけなかった」と唇をかんだ。 一、三回はテンポよく三者凡退に抑えただけに、西村監督は「あの二つの四球がもったいなかった」と指摘した。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。 … 続きを読む