「14 吉田一将投手のニュース」カテゴリーアーカイブ

オリックス吉田一「ブルペンデー」先発も今季初黒星 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス吉田一は救援投手の継投でつなぐ「ブルペンデー」で先発し、3回7安打2失点で今季初黒星を喫した。1回1死から源田、森に長短打を許して1点を先制されると、2回にも1死から4連打を浴びた。序盤に主導権を奪われたチームは打線の追い上げも及ばず4連敗を喫し、試合後に西村監督の辞任が発表された。吉田一は「守備の時間が長くなり、リズムをつくれなかった」と肩を落とした。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリン… 続きを読む

オリックス・吉田一、今季2度目のショートスターターに「攻めていく」 20日の西武戦はブルペンデー対決に <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス・吉田一将投手(30)が19日、翌20日の西武戦(京セラ)での先発に向けて、意気込みを語った。 15日のソフトバンク戦(ペイペイドーム)に3年ぶりに先発し、3回を2安打無失点。チームの勝利に貢献してから中4日で、2度目となるショートスターターでの起用に「特に中4日ですけど、体調もそんなに悪くないですし、どこかに違和感があるとかもない。しっかり準備ができた」と万全を強調した。 西武打線に対しては「いままで対戦してきたイメー… 続きを読む

オリ吉田一将3年ぶり先発3回0封「最低限の仕事」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス吉田一将投手(30)が、約3年ぶりの先発マウンドで仕事を果たした。17年10月6日ソフトバンク戦以来の先発登板は3回2安打無失点で降板。救援陣にバトンをつないだ。「1イニングずつ、バッター1人ずつ勝負していこうと思ってマウンドに上がっていました。初回に先制してくれたことで、少し余裕を持って投げられたと思います。3イニングをゼロで抑えることができてよかったですし、最低限の仕事はできたと思います」先発投手不在の窮地を… 続きを読む

オリックス吉田一将、自宅ベランダ日光浴で体調管理 <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス吉田一将投手(30)が10日、新型コロナウイルスで外出自粛中の過ごし方を明かした。「必要最低限以外は家から出ないようにしているので、休みの日はベランダでお茶などを飲みながら、太陽の光を浴びるようにしています」現在は練習時間が限られているため、自宅のベランダにて日光浴を行い、コンディションを整えている。この日は大阪・舞洲の球団施設で自主練習を行い、キャッチボールやランニングなどで調整を行った。開幕日は不透明だが「1日1日し… 続きを読む

オリックス吉田一将500万円減、中継ぎの柱へ意欲 <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス吉田一将投手(30)が30日、大阪・舞洲で契約交渉に臨み、500万円ダウンの年俸3400万円でサインした。今季は33試合に登板し1勝1敗6ホールド、防御率4・06。2度の2軍落ちも経験するなど、58試合に投げた昨季より登板数を減らした。吉田一は「来季は中継ぎで勝ちパターンで投げればチームの成績もよくなる。60試合は投げたい。ひと月に10試合、1年間しっかり投げればクリアできる」と意欲満々。今季途中に手応えをつかんだカット… 続きを読む

オリ・吉田一が仕上がりアピール 捕手座らせ50球「例年よりいい」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス春季キャンプ(8日、宮崎)吉田一が仕上がりの良さをアピールした。捕手を座らせて50球。「例年よりいい。自分の思った精度で投げられた」とうなずいた。 低めに伸びのある直球を投げ込んだ。昨季、中継ぎ陣を引っ張った右腕投手。スピードが異なる2種類のスライダーの投げ分けを課題にしている。「いい感じで追い込めている」と充実感をにじませた。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧くださ… 続きを読む

オリックス吉田一将900万増 球団側には食の訴え <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス吉田一将投手(29)が大阪・舞洲の球団施設で契約交渉に臨み、900万円増の3900万円で更改した。今季は勝利の方程式の一角を担い、自己最多58試合の登板で3勝4敗21ホールドの成績を残した。また全体で1時間半をかけた交渉の中で、最後の30分間は選手会副会長として「食べることに対する選手の意識を変えてほしい」と球団に訴え。「食べることはアスリートの基本。若い選手に対して、球団として食べることの重要性を伝えてほしい」と語った… 続きを読む

オリックス・吉田一が4失点 福良監督「ボールは悪くなかった」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは2点リードの八回、吉田一が一つもアウトを取れずに4失点で降板し、逆転負けした。それでも福良監督は「(吉田)一将、増井でいかれたら仕方ないっていったらおかしいけど、うちの(勝ち)パターンだから。ボールは悪くなかったと思う」と責めなかった。 打線は昨年から6連敗していた則本に対し、8安打4得点と振れていた。投打がかみ合わず、福良監督は「いい攻撃ができたんですけどね」と渋い表情だった。 ※当記事の引用は全て以下… 続きを読む

オリックス リリーフ陣“KYYM”で逃げ切り成功<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 首位・西武を相手に逃げ切った。福良監督は勝因にリリーフ陣の奮闘を挙げた。 「いつも言うように投手が黒木以下ですね。頑張ってくれました」 まずは2番手の黒木。1点差に迫られなおも六回1死一、三塁から登板すると外崎を三ゴロ、木村を二ゴロで無失点で切り抜けた。 黒木は「ここのところ打たれていたのでいつも以上に気持ちを入れて投げました」と話した。 七回は吉田一が2死から秋山に二塁打を打たれるも最後は源田をフォーク… 続きを読む

オリックス・吉田一 投球練習中にヒヤリ 左足を滑らせて転倒「よくやるんです」<バファローズ最新ニュ―ス>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 吉田一将投手がブルペン投球の際に、左足を滑らせ転倒するアクシデント。191センチの巨体がマウンド上に横たわった。慌ててトレーナーが駆けつけるなど騒然となったが、ことなきを得た。 「よくやるんです。ハマスタとか雁ノ巣でもやったことがあります。大丈夫です」 前日に紅白戦に登板したばかりだったが、投げ込む予定だったという。 「160球くらいいこうと思っていた。シメにかかろうと思ったのに144球で勝手にしまってしまいました」 … 続きを読む