【オリックス】「がめつい」福田周平、外野から“Uターン”宣言 レギュラー死守へ二塁再挑戦視野<バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

オリックス・福田周平外野手(30)が23日、大阪・舞洲の球団施設で自主トレを行い、レギュラー死守へ“元サヤ”の二塁再挑戦を視野に入れた。「試合に出たい」と一昨年に内野手から外野挑戦を志願し、昨季はゴールデン・グラブ賞を初受賞。「試合に出られるのなら二塁でも。中嶋監督が許してくれるのなら」と条件付きで手を挙げた。

 「『アイツは何でもやる。がめつい』と書いておいてください」。強欲を意味する関西の方言を使って、超前向きに“Uターン”を宣言した。吉田正が米大リーグのレッドソックスに移籍したとはいえ、外野は中川圭ら後輩が台頭。自身も簡単には譲らないが「一塁以外は守れるようにしたい」と手薄なポジションを埋める覚悟を示した。

 昨年の先発起用は中堅で84試合、左翼で26試合。試合途中に1度、二塁に回っただけだが、自主トレでも内野の準備を進めてきた。「できる(守れる)やん、と思われた方が得じゃないですか」。己とチームのため、欲張りに戦う。

※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
  ⇒【オリックス】「がめつい」福田周平、外野から“Uターン”宣言 レギュラー死守へ二塁再挑戦視野(長田亨記者)

そもそも、二塁としての福田がどのような評価なのか、ですよね。

言うてしまえば、チームで二塁で規定打席に乗ったのは福田自身が最後…というぐらいに、うまく育っていないポジション。当時のチーム事情で追いやられたという印象と、そもそもの二塁守備の評価が首脳陣側から見て高くないのか…とか、いろいろと思うところはあります。

ただ、貪欲に、意欲を持ってポジションを高水準で増やしていきたいと実行してくる姿勢は大変献身的なものだと思いますし、改めて貴重な選手だと思います。

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<2023年・オリックスバファローズ1月の関連ニュースまとめ>
1月の関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。


↓ブログランキングに参加しております。いつも応援クリック(タップ)、ありがとうございます!にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村
オリックス・バファローズランキング
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です