オリックスドラフト2位の野口智哉がプロ初アーチ 「何とか今年中には打ちたいと思っていた」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

オリックスのドラフト2位・野口智哉内野手(23)がプロ初本塁打を放った。
 7回無死二塁で代打で登場し、フルカウントから唐川の内角低め速球を右翼ポール際に運んだ。
 「打ったのはカットボールだと思います。良い感触で打つことができました。ファームでは長打も出るようになってきていましたし、何とか今年中には打ちたいと思っていたので、1本出てくれて良かったです」
 鳴門渦潮高では遊撃手兼投手として甲子園出場し、関大ではリーグ通算100安打を達成し、4度のベストナインに輝いた。遊撃、二塁、三塁の内野だけではなく、中堅、右翼も守れる。開幕直前の新型コロナ感染により、開幕1軍を逃したが、4月19日に初昇格すると6月中旬まではスタメン起用が続いた。しかし、打率が2割2分台に落ちた6月下旬からは2軍と行ったり来たり。今回は9月17日に再昇格していた。
 プロ53試合、166打席目にして記録した1号2ラン。大差のついた試合ながら、残り4試合に1軍定着へ必死だ。

※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
  ⇒【オリックス】ドラフト2位の野口智哉がプロ初アーチ 「何とか今年中には打ちたいと思っていた」

プロ初ホームラン、おめでとうございます!正直言うと、野口としてももっと早く打ちたかったでしょうし、打てると本人も思っていたんじゃないかと思います。この1本がきっかけになっていけば…。

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<9/22 24回戦 オリックス5-13ロッテ>
試合の詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

<2022年・オリックスバファローズ9月の関連ニュースまとめ>
9月の関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ2021年度ドラフト>
新人選手の情報はこちらにまとめています。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。


↓ブログランキングに参加しております。いつも応援クリック(タップ)、ありがとうございます!にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村
オリックス・バファローズランキング
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。