オリックス山岡、由伸、駿太がファンに24年ぶりV約束 大阪市内でトークショー <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

オリックスの山岡泰輔投手、山本由伸投手、後藤駿太外野手、岸田護2軍投手コーチが12日、大阪市内のホテルでトークショーを開き、集まったファンに24年ぶりとなる優勝を誓った。

 トークショーの中で山本はプレミア12を振り返り「日韓戦はなんか違いました。久しぶりに変な緊張がありましたね。アメリカ代表とかすごい人がいっぱいいるなと思えたんで楽しかったです」と話した。

 会の最後に、今季の目標を問われた3選手は山岡が「今季こそ優勝しますので応援よろしくお願いします」と話せば、山本も「優勝できるよう頑張ります」、後藤は「今季は優勝できるように僕自身も頑張りたい」と力強く話し、大歓声が起こっていた。

※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
オリックス山岡、由伸、駿太がファンに24年ぶりV約束 大阪市内でトークショー

優勝をつかみとるつもりで初めて勝負になるんやろうなと思います。とにかく今年は去年よりも結果面でもいいものを見せていってほしいと思いますね!

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<2020年・オリックスバファローズ1月(自主トレなど)の関連ニュースまとめ>
1月(自主トレなど)の関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。



↓ブログランキングに参加しております。
当ブログを今後も読みたい、と思っていただけましたらお好きな方をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

「オリックス山岡、由伸、駿太がファンに24年ぶりV約束 大阪市内でトークショー <バファローズ最新ニュース>」への2件のフィードバック

  1. 管理人さん、こんばんは。

    優勝を目標にしないチームは絶対に優勝できないですよね。「優勝」と言葉にすることはすごく大事なことで、山岡投手以外は「できるよう」と優勝宣言まではいかないやや控えめな発言だったようですが、3選手とも優勝への思いを口にしてくれたのは良かったと思います。
    今年は最下位の翌年ですが、2位になった翌年の2015年シーズン前より地に足がついた強化が進行している実感があるので、期待はその年より大きいですね。
    多くの若手選手がそれぞれに大きく伸び、新外国人がチームにフィットして投打の歯車が噛み合うなら優勝も十分可能だと思っています。
    今年は開幕も早いですし、今から本当に楽しみですね。
    後藤選手にも10年目の真の開花を期待したいですね。

    1. ひさしさん
      コメントありがとうございます!

      とにもかくにも、優勝は目指していく必要がありますよね。その結果、納得感のあるシーズンになっていけばと思います。
      地力らしい形で、大きく伸びてくれたらうれしいんですがねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。