オリックス若月「軸つくる」フォーム固定で打力向上 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

オリックス若月健矢捕手が打撃フォームを固定し、打力アップを目指す。

今季は正捕手として自己最多138試合に出場し、盗塁阻止率リーグ1位の3割7分1厘を記録。だが打撃は打率1割7分8厘と奮わず。「今シーズンはその日の感覚とかで(打撃フォームが)コロコロ変わってしまった。軸となるものをつくって、変えないようにしたい。たとえそれで2軍に落ちたとしても、信念を持ってやってみようと思います」と攻守で活躍を狙う。

※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
オリックス若月「軸つくる」フォーム固定で打力向上

ほんま、あとはそこだけなんですよ…。打てればもう、一気に「普通に」評価されるようになるはずですし、軸をカチッと決めてやっていってほしいですね。

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<2019年・オリックスバファローズ10月(シーズン終了以降)の関連ニュースまとめ>
10月(シーズン終了以降)の関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。



↓ブログランキングに参加しております。
当ブログを今後も読みたい、と思っていただけましたらお好きな方をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

「オリックス若月「軸つくる」フォーム固定で打力向上 <バファローズ最新ニュース>」への8件のフィードバック

  1. 若月は守備だけならもう一人前来てますからね、正直ポストシーズンの経験さえあれば、今回の稲葉ジャパン入りもあるかなと思っていたほどです。
    春先は打撃も良かったので、持続性を高めようとする発想はやはり賢いなと思います。あとは無闇な早打ちをいかになくすかでしょうかね…

    1. なまえわすれたさん
      コメントありがとうございます!

      ほんと、そうなんですよ。ただの「打てない捕手」ではないぞと。
      それこそ、去年の9月のような状態であれば誰も文句言いません。目指していってほしいですね!

  2. お久しぶりです。
    今季のデータ分析を楽しんでいます。
    若月君ですか。すごいデータがありますぜ、カウント3-1で打率.4 OPS1超え。昨季もそれ以上でした。つまり、甘い球に狙い球を絞れる状況なら、めちゃくちゃ打てる、そういう能力はあるってことかな。追い込まれると全くダメですが。ゴッツコーチとの出会いでどういう結果が出るのか楽しみのようなちょっと怖いような(笑)。

    1. 打てば三振、守ればエラーさん
      コメントありがとうございます!

      てことは、それこそ「ヤマ張り打者」みたいになればいけるのか…?
      ゴッツ、さっそく若月の打撃フォーム修正に取り組んでましたね…。どうなるか…。

  3. 守備は文句ありません。ただ、打てない故に軽い扱い?な印象があります。
    頑張って欲しいです。

    1. ゆうさん
      コメントありがとうございます!

      若月みたいなタイプ、珍しいんですよね…。
      打てない時点で使われなくならない守備力って、たいがいは「ない」んですよね。
      そういう意味でも稀有な守備力やと思いますから、ほんまあと5分でもいいんで打ってほしいですね…。

  4. 連投失礼します。
    里崎さんからYouTubeで打率1割はきついわー、と言われたり、荒れた西武戦の後のニュースでデープさんからバカに?されたように言われたりしたのが悔しかったので見返して欲しいな、と思います。

    1. ゆうさん
      コメントありがとうございます!

      里崎さんはともかく、デーブさんに関しては「レギュラーちゃうかったやろ黙っとれ」でいいと思います。
      もっとも、打てていないのは事実。来季は経験を積ませられた投手陣になってもう少し余裕が出るはず。頑張ってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。