オリックス・張奕が自己最短2回途中4失点でKO「自分に対する怒りしかない」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

オリックスの張奕(ちょう・やく)投手(25)が1回1/3を6安打4失点でKOされた。球が甘く入って痛打される場面が目立ち、「今日は全てよくなかったです。早い回にマウンドを降りてしまい、チームに申し訳ないですし、ふがいない投球の自分に対する怒りしかありません」と悔やんだ。

 打線が3点を先取した直後の2回。先頭の清田に右前打、続くマーティンに右越え本塁打を浴びて2点をかえされた。さらに1死二、三塁から岡に逆転の左前2点打を許して降板となった。

 今年5月に育成選手から支配下登録となり、8月にはプロ初勝利を挙げたが、この日は自己最短での降板となった。

※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
【オリックス】張奕が自己最短2回途中4失点でKO「自分に対する怒りしかない」

張はこの悔しさを繋げていってもらう他ないですね…。吸収して一回りも二回りも大きくなってほしいです。

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<9/11 23回戦 ロッテ6-4オリックス>
試合の詳はこちらをクリックしてご覧ください。

<2019年・オリックスバファローズ9月(シーズン終了まで)の関連ニュースまとめ>
オリックスバファローズ9月(シーズン終了まで)はこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。



↓ブログランキングに参加しております。
当ブログを今後も読みたい、と思っていただけましたらお好きな方をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。